有利な住宅ローンを紹介します

フラット35

住宅ローンは長ければ35年借りることになります。
今の変動金利に比べると、割高です。
ただ、金利が安い今、住宅ローンを35年固定金利で借りれば、将来に景気が回復して金利が上がっても安心です。
固定金利なので、返済計画が立てやすいというメリットもあります。

フラット35の場合、ローン申請すると、住宅検査が入ります。
注文住宅なら、建築中に2回ほど検査が入ります。
そのため、工事監理とまでは言えませんが、安心できます。

フラット35については、こちら↓↓↓
住宅ローンなら

変動金利

景気が悪い今は、かなりの低金利です。
たとえ景気が回復しても、金利は一気には上がりません。
徐々に上がるものです。
そのため、短期で住宅ローンを借りる場合は、変動金利が一番おすすめです。

変動金利、短期固定金利については、こちら↓↓↓

新生銀行「住宅ローン」資料請求

10年固定

これは、長期金利・短期金利の組み合わせです。

10年間は、今の金利で固定し、10年後から、変動金利に切り替わります。
10年後に金利がまだ安いかどうかは分からないので、得か損かは言えません。

ただ、銀行のキャンペーンなどで10年後の金利から、割引があったりするので、調べてみてはいかがですか?

有利な住宅ローンは、固定金利か変動金利か?メニュー

有利な住宅ローンは、固定金利か変動金利か?リンク